So-net無料ブログ作成
検索選択

雨週間の関東水がめは例年並みまで回復進む [貯水率]

2016年7月末には取水制限20%を予感させるほど、深刻な水不足に陥(おちい)っていた関東地方。ところが8月と9月の台風上陸ラッシュに本州直撃、更に秋雨前線の影響もあって、関東地方の「水がめ」は大きな回復を見せている。

現在の発表では、利根川水系8ダムは80.4%(前日比+625.3万立米)の貯水率で、前年同日量の98.1%までの回復とまでは至っていない。

ところが、荒川水系4ダムは貯水率93.3%(前日比+111.0万立米)で前年同日量の92.5%を上回った。また、多摩川水系2ダム貯水率86.5%(前日比+480.9万立米)も、前年同日量の85.1%を上回るところまで回復した。

そして先週末から、非常に強い台風16マラカスの襲来で始まった今週は、なおも雨週間が続いている。今日も関東地方は「雨」。神奈川県では大雨警報の出ている地域もあり、注意が必要だ。

先日、あっちへフラフラ、こっちへフラフラと、散々迷走して日本中を大混乱におとしいれた後、本州へ直撃した台風10号ライオンロックが過ぎ去った後で、関東地方には大きくて見事なまでの「鮮やかな虹」が、夕方の空を飾った記憶が新しい。

現在の、まるで梅雨空のような雨雲が過ぎて、秋の香りを感じる頃はいつだろうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。