So-net無料ブログ作成

台風18号のハイビスカスな産声がゆっくりと成長を続ける [台風情報]


9月29日(木)、先日、台湾で観光バスを横転させた台風17号メーギー(韓国が命名、ナマズの意味)は中国の華南で熱帯低気圧へと変化した。そして、後を追うように産声を上げた台風18号チャバ(タイが命名、ハイビスカスの意味)は、マリアナ諸島でゆっくりと勢力を拡大しようと、成長を続けている。
台風18号チャバの現在の中心気圧は1000hPa(ヘクトパスカル)、中心付近の最大風速は18m/s、最大瞬間風速は25m/s、時速20kmでフィリピン東の海上を目指している(同日03時45分発表)。

そして、現在予想されている進路は、先日の台風17号と同じルート上をたどると予想されている。このまま再び台湾へと襲来するか、あるいは予想に反してブーメランカーブを描いて、日本へと向かうのか、その進路が気になる。

2016年は6月までは全く台風の気配が感じられなかったのだが...7月に発生し始めた台風の"たまご"たちはそれぞれ4個の台風になり、8月には7個、9月も現在までで7個の台風が発生し、台風ラッシュは一気に日本を含むアジアに襲来した。

これに比例して、カラカラだった7月末時点での関東地方の"水がめ"は50%弱と、20%取水制限も懸念されたほど深刻な水不足状態であったのだが...ここ2か月間で著しい回復を見せている。
昨日までの発表で、利根川水系8ダムの貯水率は81.3%、同じく荒川水系4ダム87.8%(例年と並ぶ)、多摩川水系2ダム89.9%(例年を上回る)。

まるで"梅雨"を彷彿とさせるような"どんより雲"に時折見せる"泣きっ面"の不安定な関東の空模様に、しばらく水不足の懸念はなさそうだ。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。