So-net無料ブログ作成
検索選択

熊本地震から半年だが、遠い復興で解体業者トラック200台の行列に倒壊家屋はいまだ。 [復興]


10月15日(土)、台風の大雨・強風の被害に続いて、阿蘇山の爆発噴火による降灰の影響があったばかりの熊本県。多くの犠牲者を出した熊本地震から半年たった現在。

そんな中、復興を目指して倒壊した建物を解体する業者のトラックが、受け入れ場に1日に200台も行列を作る状況もあるというのだが...いまだに倒壊した家屋が残るという。状況はとても困難で、まるで神様にも見放されてしまったかのように...残念ながら復興はまだまだ遠いようだ。

それでもくまモンのツイターでは、元気に頑張っている様子のメッセージが今日も発信され続けている。
また、熊本県の小学生が地震後に被災された人々を目にして「将来は人々を救える人になりたい」という夢を抱いたというニュースもある。

目前に広がる困難の大きさに、途方に暮れてしまうような状況が時折やってくる。でも「くじけて」いても何も変わらないし、例え少しずつでも着実に前進を続ければ、やがては大きな奇跡となる。

くまモンからの、たくさんの奇跡の歌声がメッセージと共に発信される日が待ち遠しくてしょうがない。

大きな一歩ではすぐに息があがってしまうから、今日も前を向いて小さな一歩で前進しよう。例え小さな一歩でも、継続は必ず大きな力になるのだから。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。