So-net無料ブログ作成
検索選択

西から東、南から北、春の嵐で大荒れの関東地方は警戒 [春]


暖かな小春日和(こはるびより)の桜の花見が終わったかと思ったら、今朝の関東地方は春の嵐で大荒れだった。

大雨のピークは越えたという西日本では、300ミリを超えた場所もあるとのことで、
地盤のゆるみから土砂災害、低地への浸水、川の増水など、夏の台風シーズンを前に引き続き警戒が必要らしい。

また、東北北海道では明朝までの雨量は100ミリを超えるところも予想され、
最大瞬間風速は35メートルが予想されているという。

千葉県では、23メートルを超える強風が記録され、東京湾アクアラインは「上り」も「下り」も通行止めが続いていたが、
9時50分現在は上下共に50キロ規制で流れ出した模様。


一方で、本日の東京の最高気温は29度が予想され、夏でもないのに夏日が予想され、

関東の内陸部では30度以上の真夏日になるところも予想されている。

急激な暑さによる熱中症には注意が必要だ。

アメリカトランプ政権が、暴れん坊の北朝鮮に睨み(にらみ)を効かして、緊張感溢れる日本海周辺だが、暖かだった春に、冷たい大雨と強風をもたらす自然の猛威のチカラの前では、我々人間は、ただ耐えるしかなさそうだ。

こんなにどんよりした雲に覆われた今日は、暖かな家庭で1日のんびりしてたい気分だ。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。