So-net無料ブログ作成
検索選択

台風16号マラカスの縦断が始まる [台風情報]


2016年9月20日(火)、今朝未明、九州鹿児島、大隅半島に台風16号マラカス(フィリピンが命名、強いの意味)が非常に強い勢力を保って上陸した。

現在の中心気圧は960hPa(ヘクトパスカル)、最大風速は40m/s、瞬間最大風速は55m/sで、東日本の太平洋側沿岸に沿うように時速30kmの速度で移動している(同日05時50分発表)。

鹿児島や宮崎では土砂災害警報と共に1時間に160mmの大雨が記録され、宮崎県では観測史上1位となる557.5mmの猛烈な雨を記録した。また、同じく宮崎市内では、暴風によって小屋の屋根が壊れ、車が押しつぶされる被害もすでに発生している。被害にあわれた方は「何もできない状態だった」とインタビューに応じている。

暴風と猛烈な大雨で西日本を襲来している台風16号マラカスだが、四国沖に本日昼頃、夜には東海沖を通って、21日(水)未明には関東付近に進むと予想されている。懸念される雨量は近畿で300mm、四国と東海で250mmが予想されているが、東日本を中心にさらに雨量が増大する可能性があるとの事。

今夜から明日にかけて、関東地方の"水がめ"にも台風16号マラカスの猛烈な大雨が迫っている。今夜は早く帰宅しましょう。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

非常に強い台風16号マラカスが強風と大雨をやらかす [台風情報]

2016年9月19日(月)は3連休の最終日。フィリピンが命名した台風16号マラカス(強いの意味)が、自身がもつ名の勢力を超えて「非常に強い」台風になってやって来た。

現在は徳之島の西北西およそ260kmにて、中心気圧は945hPa(ヘクトパスカル)、最大風速は45m/s、最大瞬間風速は60m/sで九州上陸に向けて時速20㎞で移動している(同日06時45分発表)。
台風16号の接近に伴い秋雨前線が活発化するとのことで、本日19日の夕方にかけて、九州地方や近畿地方では150mmを超える大雨が予想されていて、九州南部の20日(火)までの予想雨量は300mmに達する地域も予想される。また同時に、暴風や高波に対する厳重な警戒も呼びかけられている。

連休明けの20日(火)は九州から西日本を通過し、21日(水)は東日本へシフトすると予想されている。
台風16号マラカスが"やらかす"影響で、西から東は大雨に対する河川の氾濫や土砂災害の厳重警戒に包まれる。

ところで、打楽器のマラカス(Maracas)は陽気な雰囲気で人々を"笑かす"のだが、台風16号マラカス(Malakas)はフィリピンのタガログ語で「強い(Powerful)」を意味するというのだが...笑えない。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

連休は大雨、休み明けは強い台風16号マラカス [台風情報]


2016年9月18日(日)は3連休の中び。昨日は長崎県で50年ぶりとなる記録的な大雨の地域もあったそうだ。今日は夕方にかけて、西日本東日本で、雷を伴った非常に激しい雨が予想され、局所的には猛烈な大雨のおそれがあるそうだ。

また、日本の南の海上では与那国島の北およそ190kmの地点に「強い台風」台風16号マラカス(フィリピンが命名、強いの意味)が猛威をふるっている。
現在の中心気圧は950hPa(ヘクトパスカル)、最大風速は40m/s、最大瞬間風速は60m/sで、引き続き九州を目指して時速10㎞で、ゆっくりと移動している(同日03時45分発表)。

このまま予想された進路をたどると、休み明けの20日(火)の未明には九州へと接近する。先日の台湾中国大陸を襲った猛烈な台風、14号ムーランティ(マレーシアが命名、木の名)が残した湿った空気の影響で、すでに記録的な大雨に対する警戒が広まっている西日本と東日本。
連休明けは、台風16号による暴風、高波に対する警戒が懸念される。

この連休中は十分に安全を確認して、自宅でゆっくりと身体を休めたいところだが、台風ニュースで各テレビ局は忙しそうだ。たまには無理せずに、全テレビ局一斉に連休をゆっくりと過ごしてしてみてはどうだろう。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

台風16号マラカスが日本の南から連休明けに来ます [台風情報]


2016年9月17日(土)、「非常に強い台風」へと成長した台風16号マラカス(フィリピンが命名、強いの意味)は、日本の南、与那国島からおよそ90kmにある。

現在の中心気圧は930hPa(ヘクトパスカル)、最大風速は50m/s、最大瞬間風速は70m/sで、北の九州を目指して時速20㎞で移動している(同日06時50分発表)。

この影響で沖縄を発着する便を軸に、すでに全日空の40便が欠航となっており、沖縄本島全域のほとんどには雷、波浪、高潮に対する「注意報」が発令されている。急な豪雨にも注意が呼びかけられている。

また、宮古島では「波浪警報」が発令され、与那国島、石垣島においては更に「暴風警報」と「高潮警報」が発令されていて、台風16号の周辺は猛烈な風に襲われている。
最大瞬間風速は70メートル、波の高さは11メートルとの情報もある。

懸念されることは、このまま「非常に強い」勢力を維持したまま、連休明けに九州へと接近し、そのまま東日本へと進む可能性が予想されていることだ。
また、停滞している秋雨前線の影響で、台風16号の接近前に、局所的に大雨となる恐れもあるとのこと。

台風16号により先の島々を含む先島諸島では、昨年の台風21号に匹敵するほどの重大な被害が発生する恐れがあるとされ、今まさに厳重警戒の真っただ中にある。

自身の名「強い」を超えた「非常に強い」台風へと発達した台風16号マラカスは、すぐそこに迫っている。まだまだ台風シーズンアジア、日本は緊張と警戒に包まれている。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

過ぎ去った猛烈台風14号、発達し続ける強い台風16号は日本への進路 [台風情報]


2016年9月16日(金)、台湾観測された最大"103メートル"の突風と凄まじい豪雨被害をもたらして中国大陸へ移動した「猛烈な台風14号ムーランティ(マレーシアが命名、木の名)は、中国の華南でやっと勢力を弱めた(9月15日22時05分発表)。
そして後を追うように発生した台風16号マラカス(フィリピンが命名、強いの意味)が、その勢力が「強い」から「非常に強い」台風へと成長をし続けている。

台風16号の中心気圧は950hPa(ヘクトパスカル)、最大風速は40m/s、最大瞬間風速は60m/sで、北西へと時速20㎞で移動している(同日03時35分発表)。
現在はフィリピン東の海上で勢力を拡大中の台風16号は、本日16日の15時頃に最大風速45m/sに達して「非常に強い」台風として、石垣島の南およそ370km付近に到達する見込みだ。

その後の台風16号の進路には注意が必要で、つい先日、猛烈台風14号の直撃被害を受けた台湾を通った後、日本の沖縄から九州西日本へと通るルートが懸念される。
9月の中旬に入り十五夜シーズンを迎えた日本だが、来週早々は台風16号の警戒が予想され、油断できない状況が迫っている。まだまだ秋風の香りは遠いな。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

猛烈な台風14号は台湾へ上陸目前!勢力拡大中の台風16号は沖縄接近の進路!! [台風情報]


2016年9月14日(水)、猛烈な台風へと成長した台風14号ムーランティ(マレーシアが命名、Meranti、木の名)は、台湾上陸目前に迫っている。
台風14号の中心気圧は890hPa(ヘクトパスカル)、最大風速は60m/s、最大瞬間風速は85m/s。依然恐ろしい風速を保ち、時速20kmで移動中で本日14日の午後には台湾海峡にあると予想(同日03時50分発表)。

一方、後追いの台風16号マラカス(フィリピンが命名、Malakas、強いという意味)は、その名が示す「強い台風」へと成長した。
台風16号の中心気圧は975hPa(ヘクトパスカル)、最大風速は35m/s、最大瞬間風速は50m/sで、時速20㎞で西へと移動中(同日04時00分発表)。
現在フィリピンの東の海上にある台風16号は、更に続け、「警戒が続いている台湾」と「日本の沖縄」の間を抜ける進路が予想されている。

尚、先日発生した台風15号ライ(ミクロネシアが命名、Rai、ヤップ島の石の貨幣の意味)は、ラオスで勢力を失い、熱帯低気圧へと変化した(9月13日15時55分発表)。

また、日本海側の一部を除いて今週は雨マークばかりの日本だが、関東地方の"水がめ"は依然、現状維持か回復を続けている。
昨日までの貯水率は利根川水系8ダム76.3%(前日比+71.2万立米)、荒川水系4ダム96.1%(前日比-9.2万立米)、多摩川水系2ダム81.6%(前日比+44.0万立米)。

甚大な被害を残す"強すぎる台風"は勘弁してほしいが、カラカラの日本を潤してくれる"恵みの台風"なら大歓迎だ。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

3連台風が同時多発して襲来!台湾とタイ周辺は警戒域に!! [台風情報]

2016年9月13日(火)、アジアの海上で3つの台風が勢力を拡大している。
すでに「猛烈な」勢力に発達した台風14号ムーランティ(マレーシアが命名、Meranti、木の名)が台湾周辺を通過しようとしている。
台風14号の現在の中心気圧は905hPa(ヘクトパスカル)、最大風速は60m/s、最大瞬間風速は85m/sという恐ろしい数値だ。移動時速は25km(同日03時45分発表)。

また同時に南シナ海で台風16号マラカス(フィリピンが命名、Malakas、強いという意味)が発生し、時速20kmでゆっくりと台風15号を追いかける進路にある。
台風16号の中心気圧は1000hPa(ヘクトパスカル)、最大風速は18m/s、最大瞬間風速は25m/sで生まれたばかりの勢力だ(同日04時25分発表)。

さらに、台風15号ライ(ミクロネシアが命名、Rai、ヤップ島の石の貨幣の意味)がタイ周辺のラオスに上陸しようとしている。
台風15号の中心気圧は996hPa(ヘクトパスカル)、最大風速は18m/s、最大瞬間風速は25m/sで時速20kmで移動中(同日04時00分発表)。

3連台風に「警戒するアジア」の東にある、ここ日本でも台風の脅威は他人事(ひとごと)ではない。先日の台風10号ライオンロックによる犠牲と、甚大な被害の傷跡は、現在も記憶に大きく残る。
尚、九州から本州の南岸に停滞している前線の影響で、関東地方は雷を伴う激しい豪雨に警戒が必要とのこと。最近の"大雨"は想像を絶する"殺人豪雨"だ。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

フィリピン沖で非常に強い勢力のツイン台風が襲来するおそれ [台風情報]


 2016年9月12日(月)、フィリピンの東の海上で台風14号ムーランティ(マレーシアが命名、木の名前)が非常に強い勢力に発達しているが、その近くで「熱帯低気圧b」が誕生した。

 台風14号ムーランティの、現在の中心気圧は940hPa(ヘクトパスカル)、中心付近の最大風速は45m/s、最大瞬間風速は60m/sで、14日頃に台湾を直撃しそうなルートにある(同日06時45分発表)。時速は25kmで、ゆっくりと西の台湾へ忍び寄っている。そして、更に西の南シナ海には「熱帯低気圧b」が台風15号へと成長しようとしている。(関連記事、台風の定義:http://disasternow.blog.so-net.ne.jp/2016-07-23

 現在の熱帯低気圧bの勢力は、中心気圧は1002hPa(ヘクトパスカル)、中心付近の最大風速は15m/s、最大瞬間風速は23m/sで西北西へゆっくりと移動している(同日04時05分発表)。熱帯低気圧bがこのまま台風15号へと成長すると「ライ(Rai)」という名前が付けられる(ミクロネシア、ヤップ島の石の貨幣の意味)。

 アジアの東、ここ日本では先日の台風10号ライオンロックが残した甚大な被害で、尚も捜索が続いており、岩手県で犠牲となった人は22人に達している。

ここ最近の台風の勢力は、恐ろしいほどに強力な大雨と強風をもたらしている。また「記録的な被害」が起きないことを、ただただ祈るばかりだ。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

台風14号ムーランティは非常に強く発達するおそれ [台風情報]


2016年9月10日(土)、今週末は快晴のまま静に過ごせるかと思っていたのだが...フィリピンの東の海上に台風14号ムーランティ(マレーシアが命名、木の名前)が発生した。また、「非常に強い台風」へと発達するおそれがあるそうだ。

現在の中心気圧は1000hPa(ヘクトパスカル)、中心付近の最大風速は18m/s、最大瞬間風速は25m/s(同日18時45分発表)。
西北西を目指して時速25kmで移動していて、予想ではそのまま台湾の方へと向かいながら、9月13日15時頃には中心最大風速が44m/sを超えて「非常に強い」勢力に成長すると予想されている。

ただ今年8月の台風ラッシュの中、真逆の180度進路変更を行った「台風10号ライオンロック」の経験があるので、進路予測には気が置けない感がある。特に「台風10号ライオンロック」は、迷走後に東北を直撃して、今も尚、捜索中の犠牲者を出したほど、甚大なる被害を出したという記憶が頭に焼き付いて離れない。
恐らく日本だけでなくアジア地域全体が、ここ最近の台風の脅威に警戒の念を抱いているのではないだろうか。

以前は数年に一度起こるような「記録的な大雨」が、台風が来るたびにニュースで毎回、各地で連発される。実際、自動車の「強」ワイパーでも掻(か)き取れないほどの大雨で、実際に走行するには「かなりの危険」を感じるほどだ。

車が飛ばされる程の強風、大雨で河川が氾濫、あるいは土砂災害を引き起こすほどの莫大なエネルギーを放つ「台風」の前に、我々人間は、ただただ通り過ぎるのを待つことしかできないようだ。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

台風13号は温帯低気圧に!関東水がめは大雨が通過! [台風情報]


2016年9月6日(水)に発生した台風13号マーロウ(マカオが命名、めのう/瑪瑙の意味)は、関東地方に上陸する前に温帯低気圧に変わったと報道された(9月8日午前3時)。
これにより台風としての性質が変わったものの、引き続き大雨に対する警戒が懸念される。

そもそも海水温の高い海域で発生する「熱帯低気圧」が、勢力を拡大して中心付近の最大風速が17m/sになると「台風」として命名される。そして「台風」及び「熱帯低気圧」は「熱い空気」からできている。

それで今回、熱かった台風13号が、冷たい寒気にぶつかって、台風の渦の中に冷たい空気が混ざった結果、「温帯低気圧」に変わったとされる。つまり、構成する空気が熱いか冷たいかの違いだけで、「勢力が弱まった」のではなくて「性質が変わっただけらしい。
 また、「温帯低気圧」は前線を伴うことが多く、かえって広範囲で雨が降ったり、強い風が吹いたりする場合があるらしいのだ。だから、全然油断できる状況ではない!のである。


そして、9月8日(木)夜現在は、温帯低気圧の影響で関東地方にも大雨が通過した。尚、局所的な大雨の警戒は、東北地方、北日本へと推移している。

ところで、今年7月の関東の"水がめ"貯水率は50%の域を低迷していたのだが、8月、9月の台風ラッシュで"水がめ"は大きく潤った。
現在の貯水率は、利根川水系8ダムは75.8%(前日比+242.5万立米)、荒川水系4ダム98.8%(-84.7万立米)、多摩川水系2ダム79.9%(前日比+123.9万立米)。

まだまだ引き続き「温帯低気圧」に警戒が必要な東北、北海道ではあるが...関東地方の今夜はひとまず安心して寝られそうだ。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。